プログラムを書こう!

実務や自作アプリ開発で習得した役に立つソフトウェア技術情報を発信するブログ

SwiftでBox APIの初期化を行う。

この記事は2018年10月03日に投稿しました。
この記事は2018年10月03日に更新しました。

目次

  1. はじめに
  2. 前提
  3. 初期化処理
  4. おわりに

1. はじめに

こんにちは、iOSのエディタアプリPWEditorの開発者の二俣です。
今回はSwiftでBox APIの初期化を行う手順の紹介です。

目次へ

2. 前提

iOSアプリからBox APIにアクセスするため、Box iOS SDKライブラリを使用します。
以下の記事を参考に、Box APIを使用する準備をしておいてください。

paveway.hatenablog.com

目次へ

3. 初期化処理

以下がSwiftでBox APIの初期化を行う手順です。 この手順は、Box iOS SDKライブラリのドキュメントQuickStartStep4,5を参考にしました。

  1. Xcodeプロジェクトを開きます。
  2. AppDelegate.swiftに以下の設定を追加します。 <クライアントID><クライアント機密コード>には、

    SwiftでBox APIを使用する準備を行う3-1. マイアプリを登録するでコピーした値を設定してください。

import BoxContentSDK

@UIApplicationMain
class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate {

    func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplicationLaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
        ...
        BOXContentClient.setClientID("<クライアントID>", clientSecret: "<クライアント機密コード>")
        ...
    }
}

目次へ

4. おわりに

これでBox APIの初期化処理は完了です。
他のストレージの初期化処理に比べて、簡単だと思います。

次回からBox APIを使用していろいろなファイル操作をしてみます。

エンジニアによるエンジニアのためのサイト始まる!!【teratail】

たった2日でマスターできる iOSアプリ開発集中講座 Xcode 9/Swift 4対応

たった2日でマスターできる iOSアプリ開発集中講座 Xcode 9/Swift 4対応

目次へ