プログラムを書こう!

実務や自作アプリ開発で習得した役に立つソフトウェア技術情報を発信するブログ

Swiftで数値をカンマ区切り文字列に変換する。

この記事は2018年09月11日に投稿しました。

目次

  1. はじめに
  2. 数値をカンマ区切り文字列に変換する
  3. おわりに

作って学ぶ iPhoneアプリの教科書 【Swift4&Xcode 9対応】 ~人工知能アプリを作ってみよう! ~(特典PDF付き)

作って学ぶ iPhoneアプリの教科書 【Swift4&Xcode 9対応】 ~人工知能アプリを作ってみよう! ~(特典PDF付き)

1. はじめに

こんにちは、iOSのエディタアプリPWEditorの開発者の二俣です。

今回はSwiftで数値をカンマ区切り文字列に変換する方法です。

目次へ

2. 数値をカンマ区切り文字列に変換する

Swiftで数値をカンマ区切り文字列に変換するには、NumberFormatterを使用します。

/**
 数値をカンマ区切り文字列に変換します。

 - Parameter num: 数値
 - Returns: カンマ区切りされた数字文字列
 */
class func numberWithComma(_ num: Int) -> String {
    let formatter = NumberFormatter()
    formatter.numberStyle = NumberFormatter.Style.decimal
    formatter.groupingSeparator = ","
    formatter.groupingSize = 3

    let result = formatter.string(from: NSNumber(value: num))
    return result!
}

目次へ

3. おわりに

このメソッドはPWEditorのファイル詳細画面でファイルサイズを表示する際に使用しました。

他のサイトを見ると、Intのextensionとして実装している例もあります。
そちらの方がスマートな気もしますが、今回はPWEditorで実装した方法を紹介しました。

エンジニアのためのQ&Aサイト【teratail】

たった2日でマスターできる iOSアプリ開発集中講座 Xcode 9/Swift 4対応

たった2日でマスターできる iOSアプリ開発集中講座 Xcode 9/Swift 4対応

目次へ