プログラムを書こう!

実務や自作アプリ開発で習得した役に立つソフトウェア技術情報を発信するブログ

VB6でEnumを定義する。

この記事は2018年09月03日に投稿しました。

目次

  1. はじめに
  2. Enum
  3. おわりに

かんたんプログラミングVisual Basic6 基礎編

かんたんプログラミングVisual Basic6 基礎編

1. はじめに

こんにちは、iOSのエディタアプリPWEditorの開発者の二俣です。

今回は業務で使用しているVB6の話です。
VB6でEnumを定義する方法です。

目次へ

2. Enum

VB6でEnumは以下の構文で定義します。

構文

Enum <名前>
    <メンバー名> [= 初期値]
    :
End Enum

Enumの留意点

  • 初期値には整数のみ指定できます。
  • 初期値を指定しない場合、0から1つずつ加算された値になります。

  • 初期値を指定せず宣言した場合 0から1づつ加算された値で定義されます。
Enum FontColor
    Red
    Green
    Blue
End Enum
  • 初期値を指定して宣言した場合
Enum FontColor
    Red = 3
    Green = 15
    Blue = 27
End Enum

目次へ

3. おわりに

VB6のEnumは、C言語enumとほとんど同じなので、違和感なく使えました。

エンジニアのためのQ&Aサイト【teratail】

かんたんプログラミング Visual Basic 6 応用編

かんたんプログラミング Visual Basic 6 応用編

目次へ