プログラムを書こう!

実務や自作アプリ開発で習得した役に立つソフトウェア技術情報を発信するブログ

C++/CLIでTextBoxのカーソルを最終行に移動する。

この記事は2018年08月15日に投稿しました。

目次

  1. はじめに
  2. TextBoxのカーソルを最終行に移動する
  3. おわりに

プロフェッショナル VISUAL C++ 2010 (MSDNプログラミングシリーズ)

プロフェッショナル VISUAL C++ 2010 (MSDNプログラミングシリーズ)

1. はじめに

こんにちは、iOSのエディタアプリPWEditorの開発者の二俣です。

今回は業務で使用しているC++/CLIの話です。
通信ログをTextBoxに表示する処理でのことです。
通信のたびにログが追加されるのですが、TextBoxの表示領域を超えるとそのままでは追加された行が表示領域外になってしまいました。
そこで通信ログが追加されるたびにTextBoxのカーソル(キャレット)を最終行に移動するようにしました。

目次へ

2. TextBoxのカーソルを最終行に移動する

TextBoxのカーソルを最終行に移動するのは以下の手順になります。

  1. TextBoxの開始位置に現在のテストボックスのテキスト長を設定します。
  2. TextBoxにフォーカスを設定します。
  3. TextBoxのカーソル(キャレット)を現在位置までスクロールします。
TextBox^ textBox;

// 1. TextBoxの開始位置TextBox.SelectionStartに現在のテストボックスのテキスト長を設定します。
textBox->SelectionStart = textBox->Text->Length;

// 2. TextBoxにフォーカスを設定します。
textBox->Focus();

// 3. TextBoxのキャレット(カーソル)を現在位置までスクロールします。
textBox->ScrollToCaret();

API Reference
SelectionStartプロパティ
ScrollToCaretメソッド

目次へ

3. おわりに

TextBoxに通信ログを追加すれば、カーソル位置も移動すると思っていました。
いざテストしてみるとカーソル位置は移動しないことがわかりました。
こういったことはやってみないとわからないです。

エンジニアによるエンジニアのためのサイト始まる!!【teratail】

目次へ