プログラムを書こう!

実務や自作アプリ開発で習得した役に立つソフトウェア技術情報を発信するブログ

C++/CLIでタスクバーを隠す。

この記事は2018年08月08日に投稿しました。

目次

  1. はじめに
  2. タスクバーを隠す方法
  3. おわりに

Microsoft Visual C++/CLI Step by Step (Step by Step Developer)

Microsoft Visual C++/CLI Step by Step (Step by Step Developer)

1. はじめに

こんにちは、iOSのエディタアプリPWEditorの開発者の二俣です。

今回は業務で使用しているC++/CLIの話です。
前回説明したアプリで全画面表示するために、タスクバーも隠す必要がありました。
そのためタスクバーも非表示にする方法を調査しました。

目次へ

2. タスクバーを隠す方法

以下のようなメソッドを実行するとタスクバーの表示/非表示が制御できます。

// タスクバーを表示/非表示します。
// 引数hideがtrueの場合は非表示にし、falseの場合は表示にします。
void HideTaskBar(bool hide)
{
    HANDLE hWnd = FindWindow("Shell_TrayWnd", NULL);
    APPBARDATA ABData;
    ABData.cbSize = sizeof(ABData);
    ABData.hWnd = (HWND)hWnd;
    ABData.lParam = hide ? ABS_AUTHOHIDE : ABS_ALWAYSONTOP;
    SHAppBarMessage(ABM_SETSATE, &ABData);
}

API Reference
FindWindowメソッド
APPBARDATA構造体
ABM_SETSTATEメッセージ(ABS_AUTHOHIDE, ABS_ALWAYSONTOP)
SHAppBarMessageメソッド

目次へ

3. おわりに

他のアプリに影響ないように、このアプリ起動時にタスクバーを非表示にし、アプリ終了時に表示するように戻しています。

もっと簡単にプロパティのON/OFFで制御できたらと思います。

中高生向けオンラインのプログラミングスクール【TechAcademyジュニア】

これからはじめるVisualC++2010forマネージコードC++/CLI

これからはじめるVisualC++2010forマネージコードC++/CLI

目次へ