プログラムを書こう!

実務や自作アプリ開発で習得した役に立つソフトウェア技術情報を発信するブログ

SwiftのGoogleDrive APIでファイルをコピーする。

この記事は2018年07月30日に投稿しました。 この記事は2018年07月31日に更新しました。

目次

  1. はじめに
  2. 前提
  3. ファイルコピー処理
  4. おわりに

1. はじめに

こんにちは、iOSのエディタアプリPWEditorの開発者の二俣です。
今回はSwiftのGoogleDrive APIでファイルをコピーしてみます。

PWEditorでは、SwiftのGoogleDrive APIを操作するため、

を使用しています。

目次へ

2. 前提

下記の記事を参考にGoogleDrive APIを使用できる状態にしておいてください。

SwiftでGoogleDrive APIを使用する準備を行う。 - プログラムを書こう!
SwiftのGoogleDrive APIで初期化処理を行う。 - プログラムを書こう!
SwiftのGoogleDrive APIでサインインを行う。 - プログラムを書こう!

目次へ

3. ファイルコピー処理

SwiftのGoogleDrive APIでファイルをコピーするには、Google APIs Client Library for Objective-C For RESTライブラリのGTLRService#executeQueryメソッドを使用します。

このメソッドで、ディレクトリもファイルもコピーできます。
ディレクトリをコピーする場合、配下のディレクトリやファイルもコピーされます。
コピー先に同名のディレクトリやファイルが存在する場合、エラーになります。

以下に手順を示します。

  1. 引数のコピー元ファイル名コピー先ディレクトリIDを指定して、ファイル(GTLRDrive_File)オブジェクトを作成します。
  2. 1で作成したファイル(GTLRDrive_File)オブジェクトと引数のコピー元ファイルIDを指定して、クエリオブジェクトを取得します。
  3. 2で作成したクエリオブジェクトを指定して、GTLRService#executeQueryメソッドを実行し、ファイルをコピーします。
    PWEditorGTLRServiceオブジェクトは、AppDelegateでgoogleDriveServiceDriveとして保持しています。
    GTLRService#executeQueryメソッドの実行は、ネットワークにアクセスするため時間がかかかります。
    そのためPWEditorでは、通信中は処理中ダイアログを表示しています。
  4. GTLRService#execcuteQueryメソッドを実行した結果は、クロージャで返却されます。
    エラーの場合はerrorオブジェクトが設定されます。

AppDelegate.swift

@UIApplicationMain
class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate {
    ...
    /// GoogleDriveサービスドライブ
    let googleDriveServiceDrive = GTLRDriveService()
    ....
}

ViewController.swift

import GoogleAPIClientForREST

/**
 GoogleDriveでファイルをコピーします。

 - Parameter dirId: コピー先ディレクトリID
 - Parameter fileId: コピー元ファイルID
 - Parameter fileName: コピー元ファイル名
 */
func copyFile(_ dirId: String, fileId: String, fileName: String) {
    // 1. 引数のコピー元ファイル名とコピー先ディレクトリIDを指定して、ファイル(GTLRDrive_File)オブジェクトを作成します。
    let copyFile = GTLRDrive_File()
    copyFile.name = fileName
    copyFile.parents = [dirId]

    // 2. 1で作成したファイル(GTLRDrive_File)オブジェクトと引数のコピー元ファイルIDを指定して、クエリオブジェクトを取得します。
    let query = GTLRDriveQuery_FilesCopy.query(withObject: copyFile, fileId: fileId)

    // 3. 2で作成したクエリオブジェクトを指定して、GTLRService#executeQueryメソッドを実行し、ファイルをコピーします。
    let appDelegate = EnvUtils.getAppDelegate()
    let serviceDrive = appDelegate.googleDriveServiceDrive
    serviceDrive.executeQuery(query, completionHandler: { (ticket: GTLRServiceTicket?, updatedFile: Any?, error: Error?) -> Void in
        if let error = error {
            // 5. エラーの場合、処理を終了します。
            // 必要に応じてエラー処理を行ってください。
            return
        }
        
        // 正常終了の場合の処理を記述してください。
    })
}

目次へ

4. おわりに

PWEditorファイルコピー処理を実装した時に参考にしたドキュメントが、以前はGoogleのサイトにあったと思うのですが、今は見つけられませんでした。

代わりに、以下がGoogleDrive APIのファイルコピーに関するRESTのリファレンスになります。
File:copy

【WEBCAMP ONLINE】

詳解 Swift 第4版

詳解 Swift 第4版

目次へ